JENCO(ジェンコ)出金制限!PGA(プランスゴールド)の影響か?入金したお金を取り戻すには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
JENCO(ジェンコ)

JENCO(ジェンコ)がサービス停止に【NEW】

出金停止となっていたJENCO(ジェンコ)ですが、

ついにサービス停止にまで発展しました。

最新の記事はこちらからどうぞ。

【JENCO】サービス停止で出金できない事態に!飛んだ?ポンジスキームか?

 

JENCO(ジェンコ)が出金停止に

今回、急遽「JENCO(ジェンコ)」という投資オファーに関して

出金停止の状態になっているという報告を受けましたので

其方についてまとめていきたいと思います。

 

まず、そもそも「JENCO(ジェンコ)」とは、

そして、その本来オファーが主張していた

投資、出金までの流れを簡単にまとめていきましょう。

 

「JENCO(ジェンコ)」とは

オファー曰く、仮想通貨を用いた

「銀行を必要としない分散型アービトラージ」というものであり、

 

仮想通貨を用いたアービストラージが簡単に何を指すかというと

取引所間にて生じた価格の差を利用して利益を出そうとする投資法の一種のことです。

 

そう、仮想通貨を用いた投資ですね。

当然、その投資の結果によって

発生した利益が収益となり、現金に変換(両替)して

出金することで手元にお金として獲得できるのですが、

 

なぜそれが出金できないという状況に陥っているかというと

こちらはアメリカが発表した、とある

PGA(プランスゴールド)投資、規制に関する解説記事です。

 

要点を抜粋して簡単にまとめると

アメリカが仮想通貨を用いた取引に対し、

脱税の対策として取り締まり、規制の強化、

世界規模で仮想通貨取引所側への規制の強化などを

行ったという内容です。

 

これにより仮想通貨取引の脱税が一斉摘発される状況となり、

PGAの出金停止に陥る事態となりました。

 

今回の「JENCO(ジェンコ)」の仮想通貨

「JENCO CREDITS」もその影響を受け

出金停止となっているというのが

今回の大まかなことの顛末のようです。

 

では「JENCO(ジェンコ)」の仮想通貨は

不正事業者とその取り締まりに

ただ巻き込まれただけの

純粋な被害者なのでしょうか?

 

じつは、そうもいっていられないようなのです。

 

この「JENCO(ジェンコ)」というオファー、

「JUBILEE GROUP(ジュビリーグループ)」という

グループの傘下なのですが、調べてみたところ、

これらはあまりいい評判は立っていないようです。

 

詳細はプライバシーに考慮して伏せさせていただきますが、

以前より悪評、警告、関係者を名指しした批判などが

度々取り立たされているようで、

中にはニュースに取り上げられた人物もいるようです。

 

この仮想通貨「JENCO CREDITS」も巻き込まれたのではなく

ハッキリと危険対象として規制された可能性も高いかもしれません。

JENCO(ジェンコ)出金方法について

では、今後の出金の可否なども含めて

実際は大丈夫なのか、この辺りを深堀していきたいと思います。

 

まず第一に

そもそも今後「出金できるようになるか」

という根本的な疑問に関してですが、

結論から言うと「わからない」ですね。

 

なぜこのような結論になったかというと

取引に使用されている仮想通貨は

「JENCO(ジェンコ)」独自のものであり、

 

出金の全権は「JENCO(ジェンコ)」が握っているということ。

 

つまり「JENCO(ジェンコ)」が出金できるようにすれば出金でき、

逆に停止したままであればそれは不可能であるということです。

 

これは例えば今回の規制対象に

「JENCO(ジェンコ)」が外れた後だとしても同様であるということ。

 

では仮に「JENCO(ジェンコ)」がクリーンなオファーであったとしましょう

その場合、問題解決後に対応され、出金のめどが立ち次第、

出金が再開され、利益を出していれば収益を得ることができるかもしれません。

(それでも投資である以上は損する可能性も考えられるわけですが・・・)

 

しかし、恐ろしいのはここから

つまり「JENCO(ジェンコ)」が悪質な事業者であった場合です。

 

現状を振り返ってみると

規制を一応の理由として、出金ができない状況ですが、

他の入金などの取引が停止されているわけではないようです。

 

簡単に言うと、問題を受けて取引自体を

理由を説明して一時停止しているわけではなく

 

出金停止をいいことにドンドン仮想通貨に換えられた現金が

オファーの懐に蓄えられている状態と言えます。

 

そして頃合いを見計らって

サービスなどがすべてが停止されたとしたら?

 

外部要因によって規制

そのまま事業者が金銭を持ち逃げしたとしたらどうでしょう?

 

仮想通貨に変換したといっても

その実入金したのは現金です。

 

手元にある仮想通貨「JENCO CREDITS」も

ただのデータ、いうなればこども銀行・・・

オモチャのお金のようなもの同然となり、

 

変換するために入金したお金は

二度と手元に戻ることはないでしょう。

 

先に「わからない」と結論付けたのは

出金できるか否かは「JENCO(ジェンコ)」次第ということ。

 

現状の規制を理由とした出金停止を受けて

取引そのものを自主的に一時停止して

簡易的にでも理由を目につく場所に提示した上で

後日対応するもしくは、現在対応中の旨説明しているならまだしも

 

理由を「JENCO(ジェンコ)」自体が

ハッキリと説明することなく

入金を含めた取引自体は続けられている点を鑑みるに

かなり(黒に近い)グレーのようにも思われますが、

 

あくまでこの状態で取引を続けるかなどは

個人の采配によるものとなります。

何が起こっても自己責任になるということと同意ですね。

 

警戒するのであれば一度見切りをつけ、

静観するか、関わらないようにするか、

 

少なくとも状況がハッキリとするまでは

どのみち出金は停止されていますので

入金することなく様子を見るほうが賢明かと思われます。

 

もうすでにいくらか入金してしまった場合は

その入金額に関しては過度の期待をしないほうがいいと思われます。

 

少々残酷なようですが、全額戻ってこないことを覚悟して

追加入金しないようにしたほうが無難かもしれません。

 

焦りは禁物です。

実は私も以前、何度か騙された経験があります。

数年前になりますが、悪質案件に惑わされ、莫大な借金を背負い、家族に辛い思いをさせました。

もう二度と同じ思いはしたくありませんし、誰にもさせたくありません。

 

今はネットビジネスで ”正しく” 稼ぐ道を進んでいます。

5つのネットビジネスで月に400〜500万円の収入があります。

 

ネットビジネスは本当に稼げますが、道を間違えると簡単に破滅します。

もしも悩んだり、迷ったりしたら、いつでも私を頼ってください。

必ずあなたの力になります。

 

・少しでも収入を増やして、生活に余裕を作りたい

・借金生活を終わりにしたい

・老後のために貯蓄を増やしたい

・今の仕事を辞めたい

・大好きな彼氏や彼女、家族にプレゼントしたい

 

このような思いがあるのなら、まずは一歩を踏み出してみてください。

 

私が行っているネットビジネスでしたら、いつでもお教えできますのでご連絡ください。

それ以外でも情報は持っていますので、私と繋がっていればお渡しできます。

 

本当に稼ぎたいなら、行動を起こしましょう。

私が必ず力になりますので、いつでもお声掛けください。

 

あずまの副業タックル

 

この案件にご興味があったかもしれませんが、

決して惑わされないでください。


「ネットで簡単に稼げる」と謳っている案件の多くは、

全くと言っていいほど稼げないものだらけです。


実は私も以前、何度か騙された経験があります。

数年前になりますが、悪質案件に惑わされ、莫大な借金を背負い、家族に辛い思いをさせました。


焦りは禁物です。

もう二度と同じ思いはしたくありませんし、誰にもさせたくありません。


今はネットビジネスで ”正しく” 稼ぐ道を進んでいます。

5つのネットビジネスで月に400〜500万円の収入があります。


ネットビジネスは本当に稼げますが、道を間違えると簡単に破滅します。

もしも悩んだり、迷ったりしたら、いつでも私を頼ってください。

必ずあなたの力になります。


・少しでも収入を増やして、生活に余裕を作りたい

・借金生活を終わりにしたい

・老後のために貯蓄を増やしたい

・今の仕事を辞めたい

・大好きな彼氏や彼女、家族にプレゼントしたい


このような思いがあるのなら、まずは一歩を踏み出してみてください。


私が行っているネットビジネスでしたら、いつでもお教えできますのでご連絡ください。

それ以外でも情報は持っていますので、私と繋がっていればお渡しできます。


本当に稼ぎたいなら、行動を起こしましょう。

私が必ず力になりますので、いつでもお声掛けください。

あずまの副業タックル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。